Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nethukukuru.blog75.fc2.com/tb.php/14-141a1bc3

-件のトラックバック

-件のコメント

[C2]

こんにちは(^^

しょういちです。

先日紹介させて頂いた「ブログ支援ツール」の

試用版を作成してみました^^


良かったら一度お試しくださいな^^

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

忘れてはいけない阪神大震災

井川 慶のたどたどしい英語の自己紹介がかえって
大うけだそうです。人間万事ですねぇ。




また今年も1月の17日がめぐってこようとしています。
あの阪神淡路大震災からもう12年になるのですね。


あの日がなければ、こうしてあなたにブログを書いている
私は存在しなっかったであろうと思います。


あの震災は驚くほど私を変えてしまいました。


当時私は大阪に住まいしていました。
あなたはどちらにお住まいでしたか。
関西圏にお住まいだったとしたらよくご記憶だと思います。


あの日私は生まれて初めて地鳴りというものを聞きました。
かすかな振動と地鳴りにふと目を覚まして
あれれと思っていると
横揺れと縦揺れが相次いで寝ている私を襲いました。


私の住居はマンションの最上階にあったのですが、
本棚が体の上に倒れてきて危うく怪我をするところでした。


実際には1~2分だったのでしょうが
揺れがおさまるまではとても長い時間がかかったように思いました。


とても狼狽していましたが
ひとここち付いたところでテレビをつけると
そこには信じられない光景が映し出されていました。


巨大怪獣が暴れまわった後のような神戸の市街地

途中でパックリと折れた高速道路の上で
あわや墜落というところで止まっているバス

「こんなことが… 信じられない」

こんなことが世の中にあっていいのかと思う映像でした。




そして、これまた驚いたことがありました。

「何とかしなくちゃいけない」

自分の心の中で焦りにも似た強い衝動が沸き起こったのです。


そして、そんな衝動を感じた自分自身に対しても
とても驚きを感じました。

学校に上がるくらいの年から競争競争に明け暮れてきた私

ボランティアなど金持ちの道楽か
勘違い人間のやることだと思っていた私



その私が、人様のために何かをしたいと考えるなんて
思いもしませんでした。


団塊世代は競争には強いが
ボランティア意識は希薄だとの調査結果もあるようです。


新潟で大地震が起こっても
大変だなとは思ってもそれ以上のことは何も感じませんでした。


雲仙で噴火がおこっても
これまた大変だなで終わり。


ところが阪神大震災に限っては
自分には思いもかけないことに
何か自分に出来ることはないかなと
自身が思いもよらない衝動が沸き起こったんです。


その理由としては

 自分の生まれ育った土地での災害だったので、
 知人や親戚達がたくさん被害にあった。

 自分自身が強烈な地震を体感した。


と言ったことなのだと思います。


当時大阪在住の友人が
この震災数ヵ月後に出張で東京にいたときに
取引先の会社にいる時に震度3ほどの地震にあったそうです。

友人がすぐに家族の安否を気遣い
電話をしたのだそうです。

すると取引先の担当者の方が
「東京じゃこれくらいの地震はしょっちゅうあるよ。
 ちょっと大げさなんじゃないの」
と言われたそうです。

友人はこの話をひどく腹立たしげに
私に話してくれたのを覚えています。


人というのはやはり
彼我の差はあまりに大きいと言うことだと思います。

私も当時東京に住んでいれば
同じ様な反応をしていたかもしれません。




その強烈な衝動の後に心に浮かんだこととして、

人の作り上げた物などいとも簡単に無に帰すものだな

人はやっぱり生かされているものだな

という成熟した大人ならとうに気がついいていたであろう
当然の理でした。


情けないことに当時の私は
このことに頭では理解していても
本当にわかってはいなかったわけです。


結局のところ自分の仕事もあることですし、
それほど大きな事は出来ませんでしたが、
自分のできる限りの復興のお手伝いはさせていただきました。



あの震災では他にも色々なことを学び感じました。

あの無法地帯になっておかしくない状況で
自身を制することの出来る日本人を誇らしく思ったこと。

基本的には人は性善説であると言えるのだと思ったこと。

逆境でこそ人の真価は問われると言うこと。

生きていくのに一番必要なのは水だと言うこと。

災害で金儲けを考える人がいたこと。

最後はやっぱり自分自身の意思でしか
立ち直ることはできないと言うこと。



思いつくままにあげましたが、
このほかにもいくらでもかけそうな気がします。



この大きな体験が
団塊ニートや真性ニートの方々に
生きがいを持った人生をと
このブログをたちあげた今の私につながっているのだと言えます。


今年も17日の日には
各報道機関が阪神大震災の特集を
組むことだと思います。


まだまだ元の生活には
戻っていない方もたくさんおられることでしょう。

忘れ去ってはいけないことだと思います。



私も自分自身のターニングポイントになった
あの日をもう一度
しっかりと思い返してみたいと思います。






 




パソコンさえあれば家がなくても旅先でも出来ます

ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガで作る稼ぐ仕組みの作り方


いまなら月450円で始めることができます。
「特進アフィリエイトプロジェクト」

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nethukukuru.blog75.fc2.com/tb.php/14-141a1bc3

0件のトラックバック

1件のコメント

[C2]

こんにちは(^^

しょういちです。

先日紹介させて頂いた「ブログ支援ツール」の

試用版を作成してみました^^


良かったら一度お試しくださいな^^

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

団塊ニート応援 メルマガ

当ブログのメールマガジンを      お届けします メールアドレスを入力し        送信してください



プロフィール

fukukura

Author:fukukura

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。